大食い選手権の歴史、今後はバラエティ化が進む?

「元祖!大食い王決定戦」は今では新年と春、夏、秋の年4回放送されていますが、大元は1990年に放送されていた「日曜ビッグスペシャル」です。

 

番組内の企画として、大食いが注目を浴び、「TVチャンピオン」でレギュラー企画になりました。

1990年代の有名選手といえば、元祖大食い女王の赤坂尊子さん。

野獣のような食べっぷりの藤田操さん、頭脳派大食いの岸義行さんなどです。

 

中でも群を抜いていたのが赤坂尊子さんでした。

akasaka

 

2001年には「打倒赤坂!全国甘味大食い女王決定戦」まで開催されました。(結局、赤坂さんが優勝しました)

 

2001年秋には「スーパースター頂上決戦」と題してこれまでのスター選手が集いました。

この大会で優勝したのはジャイアント白田の愛称で知られる白田信幸さんです。

sirota

 

白田さんはこれまで準優勝止まりでしたが3回目で優勝し、大食い大魔神の異名を手にしました。

 

この時期は大食いブームが巻き起こっていて、一般人も遊び感覚で大食いや早食いに挑戦していました。

そして、2002年に中学生が給食の早食いをして亡くなるという事件が発生し、大食い番組は放送を自粛せざるを得なくなりました。

 

TVチャンピオンとしての大食い選手権は2002年3月の大会で終了になりました。

 

そして3年後の、2005年に「元祖!大食い王決定戦」と名称を変えて復活しました。

以前の事件を反省して、「大食いは健康であれ」「早食い厳禁」「食べ物に感謝を」という3カ条を掲げ、決して真似しないように番組の冒頭で注意しています。

 

出場前の健康診断も義務化され、競技中のドクターストップも厳しくなりました。

 

3年ぶりの大会では甘いルックスと圧倒的な実力を兼ね備えた山本卓弥さんが2連続で優勝。

2006年4月の大会では、「ギャル曽根」の愛称で知られる曽根菜津子さんが優勝しました。

gyaru

 

その次の大会ではジャイアント白田さんが復活し、優勝しています。

 

この頃から大食い大会のスタンスが変わってきました。

放送自粛前の2002年以前は、競技の食べ物が超長い巻き寿司であったり、大量の千切りキャベツなどでした。

選手たちの食べ方は、とにかく口に詰め込むスタイルで、メガネをラーメンに落としたりするなど、綺麗な絵ではありませんでした。

 

復活後の2005年以降は、有名料理店や地方の名産品を競技のメニューにするようになりました。

選手たちも綺麗に食べることを心がけ、ギャル曽根さんのようなタレント性のある選手が重宝されるようになりました。

 

ジャイアント白田さんは2007年に大食いの引退を表明しました。

表向きの理由は健康上の理由や、飲食店の経営に専念するためですが、本音では大食い大会のバラエティ化に嫌気がさしたのでは?と言われています。

 

ジャイアント白田さんは大食い大会の日程に向けて、徐々に食べる量を増やして胃を大きくするほどストイックな選手でした。

 

ギャル曽根さんが競技中にメイク直しをする姿や、本来なら敗退していたはずの選手を番組が盛り上がるという理由で通過させるような行為が気に入らなかったのかもしれません。

 

 

大食い選手の世代

1990年代に活躍した赤坂尊子さん、岸義行さん、新井和響さんなどは大食い第一世代と言われています。

 

2000~2002年に誕生した最強の世代と言われる第二世代はジャイアント白田さんの他に、アメリカのホットドッグ早食い選手権で優勝した小林尊さん、ラーメン大食いの歴代最高記録をもつ射手矢侑大さんがいます。

 

 

第三世代は2005年以降の選手で、ギャル曽根さんやアンジェラ佐藤さん、三宅智子さんなどの大食いタレントがいます。

miyakeanje1

 

キングと呼ばれる山本卓弥さんもこの世代です。

100116_152014

 

2014年以降の新世代はもえのあずきさんが有名で、2016年4月の大会で優勝しています。





<Sponsored Link>


嘔吐とやらせ疑惑

大食い番組はテレビ局からすれば非常においしい仕事です。

出場選手は素人なのでギャラや賞金は少額ですみますし、料理を提供するお店も宣伝になるので、低額で料理を出してくれます。

 

大食い大会は初期の頃から決勝はラーメン勝負と決まっています。

 

ジャイアント白田さんはこれに苦言を呈していて、熱いラーメンを冷まさず大食いすると口の中がボロボロになり、体調も悪くなるそうです。

 

大食いは観ている側には爽快感や感動を与えてくれますが、選手たちは苦しい思いをしています。

テレビでは吐いている映像はカットされますが、実際は多くの選手が何度も吐きながら食べていると噂されています。

 

競技を見守るギャラリーたちにも写真の撮影は禁止されています。

名目はプライバシー保護ですが、本当は吐いているところを撮られるとまずいから、かもしれません。

 

 

やらせはある?

2012年のマカオ大会で圧倒的な実力差で優勝した木下智弘さんがいます。

彼はガリガリの体型なのに無尽蔵に食べられること、スパートをかけると食べ方が汚くなることなどで拒食症では?と噂されていました。

 

2013年の大会では復活したキング山本と木下智弘さんが決勝で戦いましたが、結果は僅差で木下さんの勝利でした。

 

しかし、終了のブザーが鳴った後、異例の全皿の計測が起こりました。

 

木下さんはスパート時の食べ方が荒く、一杯一杯にけっこうな量が残っているので、全てのお皿を計測して、厳密な食べた量を測るというのです。

 

しかし、ご存知の通り、大食いルールで一皿終わるごとに司会者が残り量を確認し、OKが出ると次のお皿がきます。

 

終了後に計測し直すのは変な気がしますが、計測の結果、山本さんの逆転勝利になりました。

 

この異例の計測は、制作側が山本さんを勝たせたかったからと言われています。

拒食症の噂があり、食べ方が汚い選手を優勝させるより、山本さんのようなタレント性をもった選手を勝たせたかったという話です。

 

 

他にも、ギャル曽根さんのゴリ押しが指摘されることがあります。

ギャル曽根さんが優勝したのは2006年と、2007年の2回ですが、いずれも女性限定大会です。

男女混合の大会では3~5位のことが多く、2015年の国際戦でもアメリカ人男性に敗北しています。

 

 

タレント性のある選手が2回戦や3回戦で敗退すると面白くないので、なんやかんや言って通過させることはありそうですが、決勝戦はガチの勝負だと思います。

 

 

中村有志の引退と今後の大食い大会

2016年4月の大会で司会を22年間務めた中村有志さんが引退しました。

naka

 

大食いの実況はとても体力のいる仕事ですが、中村さんも60歳になるので、さすがに限界を感じていたそうです。

 

大食い大会がここまで有名になったのは中村さんの軽妙なトークと「ジャイアント白田」、「ギャル曽根」、「キング山本」などのネーミングセンスによるところも大きいです。

 

 

2016年4月の大会では、もえのあずきさんが爆食女王の名を継承しました。

moe

 

もえあずは、地下アイドルとして活動していたものの芽が出ないでいました。

そんな時、大食い大会で活躍したのがきっかけで有名になり、アイドルとしても一歩前進しました。

 

今後の大食い大会が以前のような、ガチの勝負になる可能性は少ないです。

食べ物を粗末にしている、選手の健康を無視しているなどの苦情のあるので、バラエティ寄りになっていくのは否めません。

 

2000年頃のような大食いブームはもう来ないでしょうが、それでも毎回注目される番組です。

大食いは特別な体質をもった人にしかできない競技なので、飽きずに観ることができ、次回も楽しみです。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>【知らなきゃ損】車をできるだけ高く売る方法

>>返済が追いつかないくらいの借金を抱えたらやるべきこと

>>ダイエットをするならまず体内の酵素を増やさないといけない理由

>>【永久脱毛ができるのは美容クリニックだけ】脱毛サロンは一時的効果って本当?

“大食い選手権の歴史、今後はバラエティ化が進む?” への1件のフィードバック

  1. むぎ より:

    木下とキング山本の勝負ですが
    僅差で勝っていたのは山本です
    なのでヤラセでは決してないと思います
    あまりにも汚いし残ってるのにおかわりしたから番組側がはっきりさせたくてやったんだと思います

コメントを残す

サブコンテンツ