川崎希の年収は?会社は赤字?

元AKBのメンバーで現在はタレント兼実業家として活躍する川崎希さん。

 

夫のアレクサンダーさんと共に
頻繁にテレビに出ていますし会社も経営しているので、
かなり儲かっていそうです。

 

3000万円のランボルギーニを購入するくらいですから、
かなりの年収があるのではないでしょうか。

今回は、川崎希さんの年収について調べました。

 

川崎希はどうやって成功したの?

川崎希さんは18歳のときにAKBに入り、
2009年の22歳のときに卒業しました。

 

高校生の頃から
「社長になりたい」
と思っていたので、卒業してすぐにメンズブランドの
アパレルの会社を起業しました。

 

資金はAKB時代に貯めた40万円のみで、
最初はネット通販で販売していました。

 

前田敦子さんや板野友美さんのブログに登場し、
さりげなく自社商品の宣伝もしていました。

 

AKB時代のファンが応援してくれるので、
商売はすぐに起動に乗り、会社はどんどん大きくなりました。

 

翌年には原宿に路面店「Anti minss」を構え、ネイルサロンも開店、
その3年後にエステサロンを開店するなど、幅広く商売をしています。

 

川崎希さんはアパレルの学校に行ったり、
お店で働いた経験はありませんが、
デザインから製作、販売まで全て一人でやっていたそうです。

 

秋元康さんも
「社長になるのはAKBでセンターになるのと同じくらい大変。川崎はよく頑張った」
と称賛しています。

 

しかし、絵に描いたような成功ストーリーに疑問を持つ人もいます。

 

現在のアパレル業界は非常に厳しい競争にあり、
素人が起業してトントン拍子で成功することはあり得ません。

 

川崎希さんの場合は、
AKBを卒業する時点で起業をバックアップする話がついていた、
愛人の出資者がいるなどと噂されています。

 

浜田雅功さんも
「それでお父さんは何人いるの?」
とイジっていました。

 

番組では川崎希さんのお店を突撃取材する企画もありました。

スタッフに川崎社長についてどう思うか尋ねると
「友達みたいで話しやすい感じです♪」
と答えていました。

現場で働いているスタッフが実務経験のない社長を
尊敬する可能性は低いですね。

 

川崎希さんが自力で今の成功を勝ち取ったのなら超天才です。
AKBには色々黒い噂がありますし、
この成功ストーリーも信ぴょう性はイマイチですね。





<Sponsored Link>


川崎希の年収は?

川崎希さんはアパレル、ネイル、エステを経営しており、
タレント活動も行っています。

 

川崎希さんが「有吉反省会」に出演したときは
2013年に世田谷に一軒家を購入
2015年に3000万円のランボルギーニを購入したと話していました。

 

現在、会社の従業員は20名で年商1億円らしいです。

 

アパレルの利益率は低く、良くて10%くらいです。
年商10億でも社長の年収は2000万円くらいになります。

 

ネイルやエステも経費がかなりかかるので、
従業員が20名もいると、下手すると赤字です。

 

川崎希さんの場合はタレント活動もしているので、
それなりの収入はあるでしょうが、
世田谷の一軒家やランボルギーニを買えるほど儲かっているかは疑問です。

 

川崎希さんのブログでは、100均や
しまむらの商品がよくアップされているので、
“若きセレブ社長”はキャラ作りかもしれません。

 

年収については、
会社経営の方で収入はほとんどなく、
タレント活動で1000~2000万くらいでしょうか。

 

“若きセレブ社長”は川崎希さんの定着したキャラですが、
タレント活動に専念した方が収入は増えるかもしれません。

 

おすすめ記事

>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)





<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ