前田敦子の演技の評価がひどい・・

2012年に卒業してから現在まで、
途切れなく女優の仕事をしている前田敦子さん。

maeda

 

AKB時代から
「将来の夢は女優になること」
と明言していたので、今の状況は前田さんも
ご満悦なのではないでしょうか。

 

前田さんはAKB時代からアンチが凄く多かったですが、
卒業した今でも批判されることが多いです。

 

前田さんは映画「モヒカン故郷に帰る」の舞台挨拶で

「将来は『前田敦子映画祭』のように歴史に名前が残る女優になりたいです」

と話し、

「勘違い発言もいい加減にしろ!」

と批判されました。

 

前田さんはコンスタントに仕事がきていますが、
それは元AKBの看板があるからで、演技力は
全然、女優のレベルじゃないと言われています。

 

確かに前田さんの演技は
「元AKBにしては上手い」
と思いますが、有名女優と比べるとかなり劣ります。

 

「クロユリ団地」に出演したときは
「映画は興味あるけど前田敦子が出るなら見ない」
という人が続出したほどです。

 

シリアスな映画にアイドル出身の女優が出ると、
台無しになる感じがしますしね。

 

演技が酷評されているのにどうして仕事が来るのかは、
「AKBの圧力のおかげ」
と言われています。

 

AKBの中心メンバーだった前田さんが消えては、
今のAKBメンバーが将来に夢を持てないので、
積極的に前田さんに仕事を回しているそうです。

 

ちなみに・・
前田さんは「歴史に名が残る女優」
と言っていましたが、それは具体的に誰なんでしょう。

 

前田さんはAKBに入ったときから柴咲コウさんに憧れていましたが、
柴咲コウさんでも歴史に残るほどではありません。

 

現在の「好きな女優ランキング」で、
1位は新垣結衣さん、2位は北川景子さん、3位は井上真央さんです。

 

トップに来る人は、美貌と演技力を兼ね備えた人ばかりです。
しかし、新垣結衣さんでさえ「新垣結衣映画祭」ができる
ほどの人気ではありません。

 

歴史に名を残すなら、今のトップ女優たちを追い抜くことが必須になります。
前田敦子さんは現在13位ですが、昇りつめることはできるのでしょうか。

 

前田敦子に批判が多いのはなぜ

前田さんはAKB時代に露出し過ぎたので、
女優独特のミステリアスさがありません。

 

普通、有名な女優は番宣でしかバラエティに出ません。
プライベートがわからないので、様々な役をしても違和感がないし、
ミステリアスなところも魅力になります。

 

前田さんはプライベートを暴露してなんぼのAKBにいたので、
どんな役でも違和感があります。

 

前田さんは「演技が下手だと思う女優ランキング」
2位の佐々木希さんに大差をつけて1位になっています。

 

一流の女優の演技は演技に見えない感じがしますが、
前田さんの場合、セリフが棒読みになっていることが多いです。

 

演技は才能がものを言う分野です。

トップの女優はアイドルやタレント出身ではなく、
最初から女優だった人たちです。

 

前田さんは「演技の勉強をしている」ことをアピールしていますが、
具体的には、映画や舞台を見学しているだけだそうです。

 

それでは、才能があって日々厳しい稽古をしている人たちには勝てないでしょう。

 

前田さんも演技の才能があれば最初から女優になっていたわけで、
AKBを通過した時点で女優業は厳しかったのかもしれません。

 

今の前田さんの好調がAKBの看板によるものだとしたら、
AKBの人気が落ちるとともに、前田さんの仕事も減ってしまいます。

 

一時期、ゴリ押しされていた剛力彩芽さんも見なくなりましたし、
最後にものを言うのは、やはり実力です。

 

AKBの人気は確実に落ちているので、今後、
前田さんが女優として生き残るのは難しいかもしれません。

おすすめ記事

>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)





<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ