野々村竜太郎議員の現在、社会復帰は難しそう

号泣議員として世間に名を轟かせてしまった
野々村竜太郎元議員。

 

2016年9月、富山議員の政務活動費不正利用を皮切りに、
次々と議員の不正行為が発覚し、問題になっていますが、
野々村さんの騒動は2014年の出来事でした。

 

野々村さんの騒動をきっかけに”政務活動費”にスポットライトが
当てられることになったので、野々村さんの行動を功績だと
評価する声もあります。

 

政務活動費を不正利用した富山県の議員たちは会見で
「付き合いが多くて・・」
「生活が苦しくて」
「不正利用はよくあること」
など意味不明な言い訳をしています。

あれに比べたら、ちゃんと謝罪した野々村さんの方がマシでしたね。

 

政務活動費の不正利用は多くの議員がやっているようなので、
「皆やってるし自分もやっちゃえ」
という気持ちはわかります。

 

不正利用の騒動で辞職した多くの議員は高齢なので、
今後は隠居すれば済むことです。

 

しかし、野々村さんはまだ50歳くらいで、まだまだお金が必要。

号泣会見で世間に顔と名前が知られてしまったので、
現在も社会復帰が難しい状況になっています。





<Sponsored Link>


 

未だに社会復帰できない理由

野々村竜太郎さんの不正利用が発覚したのは2014年で、
もう2年が経っています。

 

普通、2年前のニュースなんて多くの人は忘れていますが、
野々村さんのニュースは多くの人の記憶に残っています。

 

単純にインパクトがありすぎた、というのもありますが、
もう一つ、マスコミが野々村さん叩きに執着している点があります。

 

政治家の金銭的な不祥事が取り沙汰される度に、
野々村さんの不祥事が再度報道されるので、
いつまで経っても過去のことになりません。

 

野々村さんはマスコミの報道について
「私が死ぬまで報道し続けるのですか?
報道の自由を逸脱した、私個人へのイジメと受け取っています」
とブログに書いています。

 

また、最新の記事では、日刊サイゾーへ
号泣している画像を使用し、号泣議員と中傷したこと、
「逮捕された」という誤報について、
謝罪を要求しています。

 

ネット上にも野々村さんをネタにした画像や動画が
蔓延し、マスコミでも未だに報道されています。

 

野々村さんは既に県議会議員を辞職していますが、
確かにこれでは社会復帰できないですね。

 

現在、野々村さんは実家で親と暮らしているそうですが、
親も高齢なので生活が苦しいようです。

50歳を過ぎ、世間に顔が知れているのでバイトすらできないようです。

 

不正利用だけならともかく、
会見で号泣してしまったのが不味かったですね。

 

それにしても日本人のバッシング精神は恐ろしいです。

野々村さんは確かに悪いことをしましたが、
何年も批判し続ける必要はありません。

 

辞職して不正利用したお金を返したのですから、
これ以上批判する必要はないでしょう。

 

バッシングをエンターテインメント化している風潮は恐ろしいものがあります。

 

野々村さんへの批判は今後も続くでしょうし、
人前に出る仕事は難しいので、在宅でできる仕事を探すのがいいかもしれません。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>【知らなきゃ損】車をできるだけ高く売る方法

>>返済が追いつかないくらいの借金を抱えたらやるべきこと

>>ダイエットをするならまず体内の酵素を増やさないといけない理由

>>【永久脱毛ができるのは美容クリニックだけ】脱毛サロンは一時的効果って本当?

コメントを残す

サブコンテンツ