北村晴男弁護士の評判は?実力は断トツか!

北村晴男弁護士は「行列のできる法律相談所」スタート時から
出演していますが、弁護士としての評判はどうなんでしょう。

 

北村弁護士は早稲田大学法学部を卒業し、
6回目の司法試験で合格しました。

1970年代の司法試験は今より難易度が高いので、
5、6回浪人するのは珍しくありませんでした。

 

ちなみに、同じく「行列」に出演していた大渕愛子弁護士は
一発で司法試験に合格しています。

 

北村弁護士が司法試験に合格したのは30歳のときですが、
その時すでに結婚していて、子供もいたそうです。

何のコネもなく弁護士になった北村さんは
これから家族を養っていけるのか不安だったそうですが、
一つ一つの仕事で結果を出していくしかない、と決め
確実に実績を重ねていきました。

 

取り扱っているのは主に交通事故、保険、債権回収、医療過誤などです。
特に生命保険では高い評価を得ています。

保険会社によっては保険金を不払いにするところもあるので、
弁護士が保険会社を相手に請求する仕事です。

医療過誤も病院を相手取る難しい案件です。

 

北村さんは他にも、日本ハムの武田久選手の代理人を務めたり、
大相撲八百長問題の弁護人も担当していて、
スポーツ界にも精通しています。

北村さん自身、甲子園を目指した高校球児だったので、
スポーツに関する法律問題も多く扱えるのでしょう。

 

ちなみに、北村さんは大学2年生の頃から
自分で学習塾を経営していました。

 

司法試験に合格する頭脳や、7年間挑戦し続ける精神力、
塾や法律事務所を経営するセンス、タレントとしてのコメント力など、
幅広い能力を持ち合わせた天才ですね。





<Sponsored Link>


 

北村弁護士はタレントとしても成功?

タレントやコメンテーターとしてテレビに出ることが多い
北村弁護士ですが、「バイキング」で
「不倫した人は逮捕されるべきか」
という議論で

 

「法は家庭に入ってはいけない。
結婚生活は愛情や誠意で繋ぎとめるものであり、
罰則の力で繋ぎとめるべきじゃない」
と説得力のあるコメントしていました。

 

別の番組で
「男女の友情は成立するか」
という議論があったときは

「男はサカリのついた猫じゃないから、女なら誰でもついていくわけじゃない」

とコメントしました。

 

成立しない派のデヴィ夫人は北村さんに猛反発していましたが・・

 

北村弁護士がデヴィ夫人に
「結婚したからといって、異性の友人を全て切り捨てる必要はない」
と反論すると、デヴィ夫人が
「あります!あります!」
と言い返していました。

 

この議論では北村弁護士の意見に説得力があると思います。

 

北村弁護士は
「法は家庭に入らず」
という原則を徹底していて、
仕事とプライベート、
法律と生活
をきっちり分けるタイプのようです。

 

弁護人としての評価が高く、
公私混同しない人なので、タレントとしても成功しているのでしょう。

 

島田紳助さんが引退したときは
「あの騒動は引退しないといけないようなものじゃない。
島田紳助さんは本質を見抜く力を持っているので、活躍できる場に
戻ってくることを期待している」
とコメントしていました。

 

若いチャラチャラした弁護士が言うより、
北村弁護士が言うと説得力があります。

北村弁護士は現在60歳ですが、体力の続く限り活躍してほしいです。

おすすめ記事

>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)





<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ