優しい男はモテる?大人になったら優しさ重視?

女性にどんな男が好き?と聞くと高確率で返ってくる答えが
「優しい人!」
という言葉です。

でも、優しいのにモテない男もいれば、自分勝手なのにモテる男がいることも事実。

モテる優しさとはどんな優しさなのでしょうか?

 

こんな優しい男はモテない!

男性が思っている優しさと、女性が求めている優しさには食い違いがあることがあります。

根も葉もないことを言ってしまえば、女性が求めている優しさとは
「自分だけを特別扱いしてくれて、見返りを求めないこと」です。

たまに恩着せがましい優しさを見せる人がいますが、そういう人は大抵モテません。

モテる優しさとは、さりげなく、かつ相手に見返りを求めないことですね。





<Sponsored Link>


大人になるほど優しい男がモテる?

学生時代などの若い頃はヤンチャな感じの悪っぽい男がモテるものです。

ヤンキーっぽい男性がギャルの子と付き合っている光景はよく見かけますね。

しかし、ヤンキーとギャルのカップルが若いときに結婚しても、大人になれば高確率で別れてしまいます。

 

それは女性が男性に求めるものが、年齢とともに変わってくるからでしょう。

若い女性は男性に対してトキメキを求めるので、イケメンだったり悪い男っぽい人がモテます。

しかし、その女性も大人になると男性に対して安心感を求めるように変わってきます。

安心感を与える要素とは、経済力であったり心の余裕などです。

いわゆる”包容力”というものですね。

 

女性の本能は、優れた遺伝子の子を産みたいというものと、産んだ子を安全な環境で育てたいという2つがあります。

前者によってイケメンを求めますが、後者によって包容力を求めます。

そして、子供だけでなく自分自身の生活も維持しないといけないので段々と包容力を求める傾向になってきます。

 

いくらイケメンであったり、悪っぽい感じの男性が側にいても、余裕のない生活が続けば愛情も冷めてしまいます。

若いときに結婚した夫婦が離婚しやすいのは、男性に経済力がないからというのが大きいでしょう。

そして、経済的な余裕がなければ心の余裕もなくなり、心に余裕がなければ女性が求める”優しさ”も発揮することができない、ということになってしまいます。

 

モテるには経済力+優しさ

お金はなくても愛があればいいという人もいますが、実際にはそれで多くのカップルが別れています。

たまに、お金はないけど優しいという男性もいますが、優しさだけでは男性としての魅力を感じさせることはできません。

 

いわゆる、いい人止まりでおわってしまう男性は経済力をもっていないことが多いです。

逆に、お金はもっているけどケチだったり、他人に優しくできないという男性もモテません。

お金目当ての人は寄ってくるでしょうが、男性として好かれることは少ないです。

 

結局、モテる男性は経済力があって、かつ優しさももっている男性ということになります。

しかもその優しさとは、見返りを求めない、さりげないものでないといけません。

相手の気持ちをいちいち伺ったり、下心が見え見えの優しさはすぐに見抜かれてしまいます。

 

大人のモテる男というのはかなりハードルが高い上に、女性側が一方的に得をするようなものでもあります。

恋愛に消極的な男性が増えているのは、高いハードルを超えても損をすることが多いので、コスパが悪いので恋愛はしないという部分もあるでしょう。

 

たしかに、恋愛も結婚もコスパという観点でみれば男性側に圧倒的に不利です。

しかし、それでもこの人と付き合いたいと思えるような素敵な女性に巡り合えるといいですね。

 


おすすめ特集シリーズ('ω')


>>【知らなきゃ損】車をできるだけ高く売る方法

>>返済が追いつかないくらいの借金を抱えたらやるべきこと

>>ダイエットをするならまず体内の酵素を増やさないといけない理由

>>【永久脱毛ができるのは美容クリニックだけ】脱毛サロンは一時的効果って本当?

コメントを残す

サブコンテンツ