返済が追いつかないくらいの借金を抱えたらやるべきこと

借金は必要最低限にして、計画的にすべきものですが、中には様々な理由で完済できないほどの多額の借金を抱えてしまうこともあります。

okane

 

もちろん、借金は完済するのが一番望ましいですが、常に一定数は返済不能に陥る人がいます。

これはお金を貸す側にも問題があります。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などはお金を貸してナンボなので、多少、返済が厳しそうな人に対してもお金を貸してくれます。

また、返済が長期化するほど利子が膨らみ、複数の金融業者からお金を借りると利息の返済すらままならない状況になってしまいます。

 

そこで、借金が返せなく人に対する救済措置として「債務整理」があります。

債務整理には様々な方法がありますが、その内容は、借金が0になるか、もしくは減額されるというものです。

 

どこまでが完済を目指すべき金額で、どこからが債務整理すべきかというのは個々人の経済状況によるので一概には言えません。

独身か既婚かでも変わってきますし、毎月どれくらいの収入があるのかなどによっても変わってきます。

 

ただ、完済までに5年以上かかる場合は債務整理を検討した方がいいかもしれません。

 

例えば、300万円の借金を5年かけて返済するとすると、月々75000円を返すことになります。

このペースだと利息だけで150万円プラスになるので、全部で450万円を返す必要があります。

毎月75000円の支払いを5年続けるというのはかなり厳しい返済計画です。

また、利息だけで150万円というのもかなりの負担です。

このように、借金はある一定のラインを超えると、完済が非現実的、もしくは完済すると大損することになります。

 

債務整理するとどうなるのか

債務整理には「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、自分に合った方法を選択すれば効率よく借金の負担を減らすことができます。

 

例えば、先程の借金300万円の例でいうと、自己破産すれば300万円の借金は0になります。

ただし、持ち家などの財産がある場合は売却しないといけません。

最低限の貯金は残すことができますし、車も地域性や車の資産価値によっては売却せずにすみます。

 

任意整理を選ぶと、弁護士が貸金業者と交渉して、借金を減額します。

任意整理の特徴はその後の利息が付かなくなることです。

そのまま5年かけて返せば150万円支払うはずだった利息が0になるのはかなり大きなメリットです。

 

個人再生は、持ち家を売らずに借金を整理したいという人に選ばれることが多いです。

 

自分は債務整理した方がいいのか、どんな方法を選べばいいのか、ということは弁護士や司法書士でないと判断するのが難しいです。

「借金減額シュミレーター」というサイトでは、無料で自分の借金がいくら減るのか診断することができるサイトです。

借金の悩みを抱えている方は、とりあえず一度診断してみると良いと思います。

>>借金減額シュミレーター

 

 


おすすめ特集シリーズ('ω')


>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ