木下ゆうかの人気の秘訣、チクリで最低との声も安定した再生数

大食いユーチューバーとして確たる地位を築いた木下ゆうかさん。


kino
 

2017年3月に、はじめしゃちょーに3股されていた過去を暴露し、はじめしゃちょーのファンからは「告げ口するなんて最低だ!」という声も相次ぎました。

 

木下ゆうかさんとはじめしゃちょーの恋愛を時系列順にすると

二人の交際が始まる(この時、木下さんは浮気されているとは知らない)

破局する

しばらく経つ

はじめしゃちょーの二股疑惑が話題になり、木下ゆうかさんも同時期に交際していたことを暴露

という流れになります。

 

はじめしゃちょーの浮気が表沙汰になったとき、木下ゆうかさんにとっては過去の恋なのでスルーしてもよかったのですが、怒りや悲しみから自分を抑えることができなかったのでしょう。

 

ユーチューバーはちゃんとした芸能事務所のような守ってくれる存在がないので、一つの不祥事で人気は一気に転落してしまいます。

はじめしゃちょーも浮気騒動に立て続いて、ゴルフクラブを粗末に扱う動画が批判され、休業することになりました。

他にも、プレゼント企画を本当に行っていたのかが疑われたカブキン、バイナリーオプションの怪しい動画を出したぷろたんなどが炎上し、人気が下落しています。

 

ユーチューバーはネット上の存在なので、バズれば大きなアクセスを呼びこべますし、炎上すれば一気にオワコンになってしまいます。

 

はじめしゃちょーのファンからすれば、はじめしゃちょーが休業してチクった木下ゆうかさんが相変わらず活動していることが気に食わないようです。

浮気という点で見れば木下ゆうかさんは被害者ですが、チクったことは良いことではありません。

木下ゆうかさんから見て、はじめしゃちょーは一回り年下ですし、終わった恋なのでスルーするのが大人の対応でしょう。

 

木下ゆうかさんの暴露発言は、休業に追い込まれても不思議ではないくらいの大きな騒動になりましたが、現在でも変わらず動画を出し続けています。





<Sponsored Link>


木下ゆうかの動画はなぜ安定している?

木下ゆうかさんのチャンネル登録者数は約300万人です。

ヒカキンのチャンネル登録者が400万人ちょっとなので、木下ゆうかさんも確実にトップユーチューバーになっています。

日本人の40人に1人は木下ゆうかさんのチャンネルに登録している計算なので、いかに知名度が大きいかがわかります。

 

ユーチューバーにとって最大の悩みはネタ切れを起こすことです。

視聴者を飽きさせない動画作りは大変ですし、面白い動画を撮ろうとエスカレートすれば法に触れたり、炎上してしまいます。

 

その点、木下ゆうかさんの大食いというジャンルはネタ切れがありません。

料理はネットを参考にすれば無限にでてきますし、今では視聴者から送られてくる食べ物を大食いする動画も出しています。

 

普通のユーチューバーは日本人にしか見られませんが、大食い動画は言葉が通じなくても面白いので、外国人で木下ゆうかさんの動画を観ている人も多いです。

特に、韓国や台湾の視聴者に人気で、コメント欄でも外国語のコメントが多く寄せられています。

 

広告が付きやすいという利点も

2017年から、企業はユーチューブに出稿する広告について慎重になっています。

海外では、ユーチューブに広告を出さない企業も増えています。

それは、過激な動画や人を不快にする動画に広告を出せば、自社のイメージも傷ついてしまうからです。

 

この傾向は日本でも起こっていて、炎上系ユーチューバーとして知られるシバターの動画にも広告がつきにくくなったようです。

いくら再生数が多くても、広告が付かなければ収益にはならないので、ユーチューバーにとっては死活問題です。

これからは、動画を観る視聴者と広告を出す企業の両方に気を使って動画を作っていく必要があります。

 

その点、木下ゆうかさんの大食いジャンルは広告が付きやすいジャンルです。

食品系の会社はどんどん広告を出しますし、大食いする姿を見て不快になる人は少ないです。

メリットだらけの大食いユーチューバーになった時点で、木下ゆうかさんの地位は安泰になったといえるでしょう。

 

問題は、いつまで大食いを続けられるのかという点

大食いは特殊な体質である人だけができることですが、年をとれば次第に大食いできなくなってきます。

かつて、大食い選手権で「女王赤坂」と呼ばれた赤坂尊子さんも、久しぶりに出演したときは一般人並みの食事量になっていました。

ギャル曽根さんもテレビで大食いチャレンジに失敗することが増えてきました。

 

木下ゆうかさんは、毎日大食いしているので、大会でのみ大食いするフードファイターよりも大きな負荷が体にかかっているでしょう。

木下ゆうかさんの動画は、大食いする前にカロリー数を計っているので、どれだけ高カロリーかが売りになっている部分があります。

 

ここ最近の動画を観ると、モスバーガー7200キロカロリーや、スタバ6800キロカロリー、ココイチ8000キロカロリーなど凄まじいカロリーを摂取しています。

成人女性の必要な摂取カロリーが大体一日2000キロカロリーなので、木下ゆうかさんは3~4倍のカロリーを毎日摂取していることになります。

 

22000キロカロリーのホールケーキを完食する動画もあり、この一食で普通の人の11倍のカロリーを摂取したことになります。

 

実際、木下ゆうかさんの一番古い動画と最新の動画を見比べてみると肌の色が変わっていて、体へのダメージが外見に出ているように感じます。

 

本人に自覚があるかはわかりませんが、身を削るような動画作成です。

それを観て喜んでいるファンにも違和感を感じてしまいます。

 

2017年現在、木下ゆうかさんは32歳ですが、いつまで現役でいられるかはわかりません。

大食い選手権のフードファイターも30代前半で引退する人が多いです。

 

仮に大食いができても絵的にどうかという問題があります。

細くて綺麗な女性が美味しそうに食べる姿は魅力的ですが、中年女性が頑張って大食いする姿を観たい人はいないでしょう。

 

海外のユーチューバーは収益を元手に事業を興したり、投資に回したりしているようです。

余計なお世話かもしれませんが、木下ゆうかさんもユーチューバーの次のステップを考えた方がいいかもしれません。

 

大食いができる理由は、胃の位置が普通の人と違うので胃が大きく膨張できるから、という理由が最も有力です。

胃が膨張できても、それを消化、吸収、排出する臓器の負担は大きいです。

痩せた体型で大食いの人は糖尿病になりやすいという話も聞きますし、健康への不安がないとは言えないでしょう。

ジャイアント白田さんも、大食いした後は信じられないくらい気分が悪くなったと話していましたし、ハイリスク・ハイリターンのジャンルです。

 

自身の健康のためにも、どこかで路線変更した方がいいかもしれません。

ビックリするような大食いでなくても、普通の人の倍くらいの量でも成り立つかもしれません。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ