2020年4月のトレード結果

今月は2勝2敗の、プラス約95.000円でした。

損切りせずに握っていれば勝てたトレードもあったので、来月からはエントリーポイントをより厳選していきたいです。

 

勝ちトレード

 

①4月15日 ドル円のショートエントリーです。

高値を切り下げつつ赤青黄の下にいったので、自信をもってエントリーできました。

 

 

➁4月22日 ユロポンのロングエントリーです。

長い下降トレンドの後、しっかりとした足場を作っていました。

 

 

負けエントリー

 

 

①4月17日 ポンドフランのショートエントリーです。

高値圏でレンジになり、待ちきれずに損切りしています。

最高値まで持ち続けていれば勝っていました。

 

 

 

➁4月21日 オジドルのショートエントリーです。

もう一波待っていればよかったですが、仕方ないエントリーかと思います。

 

2020年4月 総括

2勝2敗でしっかりプラスにできたので、順調な月でした。

 

問題点としては、早すぎる損切りや、早すぎるエントリーです。

しかし、待ち続ければ勝率が上がるわけでもありません。

時には思い切って入った方が、楽に勝てる場面もあります。

 

例えば今月のオジ円がそうでした。

 

FXは麻雀と同じで、突き詰めれば押すか引くかしかなく、どんな達人でも常に正解を選べるわけではありません。

 

負けた時も熱くならず、「当然こういうこともあるさ」と流す気持ちが大切です。

麻雀のプロでも素人の満貫に振り込んでしまうことがあるのと同じです。

 

大切なのは、その「押し」に対して明確な根拠があるか、です。

押すべきポイントで押して、結果的に負けたのなら、それはそれで全然OKだと思います。

 

来月以降もエントリーポイントを厳選して、根拠のあるエントリーを心がけていきます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ