【驚愕!】猫背の弊害と治す方法

私は子供の頃からずっと猫背でした。

猫背になった原因は、私は子供の頃から背が高かったからだと思います。
背が高いと教室で授業を受けている時、後ろの人が黒板が見えないので自然と前かがみになる癖がついてしまいました。

 

若い頃は猫背でも困ることはなかったのですが、最近どうも疲れやすく目まい・吐き気がしたり頭痛がするので、猫背が原因かと思い、整体院に行ってきました。

 

すると先生が私のレントゲン写真を見て驚きながら
「あなたの猫背はかなり重度です!このまま猫背を続けると重い病気に繋がるので必ず猫背を治してください」
と言われました。

 

これまでは猫背でも見た目がよくないだけだろうと思っていましたが、先生の説明を聞いて猫背がどれくらい重大な病気に繋がるのかがわかりました。

 

今回は私の経験も交えながら猫背の弊害と、治す方法についてご紹介します。
猫背って本当にヤバいことなので気になる方は一緒に克服目指して頑張りましょう!

猫背

 

 

猫背の弊害と引き起こす疾患

 

①老けて見える
背中が丸まっていると老けて見えます。
私の友人でも実年齢より高く見られる人は大体が猫背です。

 

たまに写真やビデオで自分の姿を見ると
「私は普段こんなに猫背なのかー!!」
と驚くことがあります。

 

一度、大きい鏡の前で自分の猫背の状態と、背筋を伸ばした状態を見比べてみてください。
私もこれをやって、自分がどれだけ背中が丸まっているかを自覚しました。

 

②頭痛、肩こり、首こりを引き起こす
頭部は人間の体で一番重い部分です。
背筋が伸びている人は重い頭部を背骨に乗せている状態なので、筋肉の負担が少ないです。

 

しかし、猫背の人は頭部が背骨に乗っていないので、肩や首の筋肉で支えている状態になっています。
ずっとこの状態でいると肩や首の負担が大きいので肩こりや首こりになります。
また、血液が脳に行きにくくなるので頭痛になったり、頭がボーっとする原因にも繋がります。

 

③心臓、肺などの疾患を引き起こす

心臓病にかかる多くの人は極端な猫背の人が多いそうです。
以前は、高齢になり背中が丸まって心臓の病気になる人がほとんどでしたが、近年はパソコンや携帯電話の普及で若い人にも猫背が原因の心臓病が広がっています。

 

また、猫背の状態は肺を圧迫するので呼吸にも悪影響を与えます
身体の各部分に酸素を十分に届けることができなくなり、肺の病気にもつながります。

 

④精神的に不安定になる
猫背でいると脳に十分な酸素がいかないので頭がボーっとして集中力が低下します。
また心臓を圧迫しているので鼓動が早くなり、落ち着きがなくイライラした状態を作り出します。

 

強い不安や無気力感をを感じるようにもなりますし、仕事や勉強の効率も落ちます。

 

猫背は身体的にも精神的にも大きな負担がかかるので、いち早く矯正しましょう!





<Sponsored Link>


コリをほぐすストレッチと猫背を治す方法

私が整体院に行って教わった猫背で凝り固まった筋肉をほぐすストレッチをご紹介します。
とは言っても時間や手間がかかるストレッチだと長続きしないので、空いた時間で簡単にできるものがオススメです。

 

・準備
椅子やベットに座って、背筋をまっすぐ伸ばした状態で行います。
頭の重心を少し後ろに置くのがポイントです♪

 

①頭を時計周りにゆっくりぐるーーっと大きく回す

できるだけ大きくゆっくりと頭を回します。
早く回すと首がボキボキーッと鳴るので注意しましょう。

 

時計周りに5回まわしたら、反時計回りに5回まわします。
これだけでもかなり首や肩が楽になるのでオススメです。

 

②両手を頭の後ろで組んで、真上を見上げる

首を後ろにそらし過ぎると負担がかかるので、手で頭を支えながら程々に真上を見上げます。

 

見上げた状態を5秒キープして戻し、これを5セット行います。

 

③左耳を左胸に近づけるようにする

姿勢を真っ直ぐにした状態で、左耳が左の乳首に近づくように首を捻ります。
すると首の付け根の右後ろ部分が伸びているのがわかると思います。

 

捻った状態を5秒キープして戻し、これを5セット行います。
同じように右方向も行いましょう。

 

他にも色々あるんですが、シンプルなものの方が続けやすいです。
休憩時間やお風呂あがりなど、一日2、3回行うだけでかなり体が楽になりますよ。

 

さて、猫背を治す方法ですが、世の中にはたくさんの猫背矯正グッズや書籍がありますよね。

 

でも、常に猫背矯正グッズを付けているわけにもいきませんし、書籍を読んでやる気になっても数日後には元通りになってしまいます。

 

私が整体院の先生に言われたことは
「猫背を治したいなら常に姿勢を意識するしかない!!」
ということです。

 

私も「それが治す方法かw?」と思ったんですが、今ではこれが一番重要だと思います。

 

私の場合は、このまま猫背を続けていれば重大な病気になると言われたので、常に姿勢を意識してストレッチもしています。

 

それに猫背が癖になると、姿勢を真っ直ぐすると疲れる気がしますが、実際は猫背の方が筋肉に大きな負担がかかっています

 

猫背は筋肉で頭の重さを支えているので、とても疲れる姿勢なんです。
猫背の方が楽というのは勘違いで、姿勢を真っ直ぐした方が楽なのです!

 

肺炎になったらタバコをやめられるなんて話もありますが、猫背も重い病気にかかれば治せるのかもしれません。

 

でも病気を事前に防ぐのが一番なので、猫背の弊害を意識して、常にキレイな姿勢を心がけるのが大切だと思います。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)

“【驚愕!】猫背の弊害と治す方法” への1件のフィードバック

  1. […] 【驚愕!】猫背の弊害と治す方法 出典:雑談ネタ倉庫 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ