ガクトの年収が凄い!なぜお金持ちなの?

年齢を感じさせない圧倒的カリスマのガクトさん。

ガクト

 

批判されることも多いですが、ガクトさんに面と向かって

文句を言える人なんてほとんどいないでしょうね。

 

ガクトさんはバラエティにもよく出演していますが、

CDが毎回大ヒットしているという訳でもありません。

 

ガクトさんは4000万円以上するランボールギーニを購入したり、

自宅の豪邸に滝を作ったりするほどお金持ちですが、

どこからそんな稼ぎがあるんでしょう。

今回はガクトさんの年収やお金持ちの理由について調べました。

 

 

ガクトのプロフィールや噂

本名:大城 学(おおしろ がく)

生年月日:1973年7月4日

出身地:沖縄県

 

ガクトさんはプライベートが謎に包まれているのに、

実は大のガンダムオタクであったりするギャップがカリスマ性を高めています。

 

ちなみにガクトさんは初代ガンダムしか認めておらず、二作目以降のガンダムは、

“商業利用のための副産物”とバッサリ切り捨てています。

 

ガクトさんは日本人離れした美形と肉体美も魅力ですが、

そのルックスを維持するために日々、相当なトレーニングをしています。

 

一日3時間はハードなトレーニングをしていますが、

ガクトさん自身はそれをトレーニングとは思っておらず

「朝起きたら歯を磨くよね?僕にとってのトレーニングはそれと一緒」

とサラっと言っていました。

 

なぜそんなに体を鍛えるのかというと

「女を守るために、男が体を鍛えるのは基本」

と言っています。

 

ハードなトレーニング以外にも、ガクトさんは炭水化物を滅多に食べないことでも有名です。

 

ガクトさんはバンドからソロに転向した時

「自分の大好きな物を何か一つ置いてこないと、この先成功はできない」

と思って、大好きだった炭水化物を絶ちました。

お米が好きでしたが、完全に経ち、お寿司を食べに行ってもネタだけ食べるそうです。

 

 

ただ、ラーメンだけは大好きなので、自分の誕生日とツアーが終わった時に、

自分へのご褒美として食べています。

 

さらにガクトさんは睡眠時間が2時間という話もあります。

ナポレオンでさえ3時間は寝ていたらしいですが、そのさらに上をいくガクトさんって・・。

 

どうしてここまでストイックになれるのか、というと

「他人から見たら過酷でも、僕にとってはそれが至福」

と言っていました。

普通の人とは苦痛と快楽の感覚が逆になっているので、そんなにストイックになれるのでしょう。

 

でも、ガクトさんだって最初の頃はトレーニングもきついし、

好きな物だって食べたかったはず!

自分で決めたルールを守り通せたのは強靭な意思のなせる技でしょう。

 

ガクトさんはラジオ番組で、男子高校生から

「カラオケが下手で恥をかいたので、どうすれば歌が上手くなるか教えてほしい」

と相談を受けたことがあります。

 

ガクトさんは具体的な練習方法を教えた上で

「必死に練習して、またカラオケに行ったら皆から『どうしてそんなに上手くなったの?』

って聞かれる。そしたら、『別に?なにもしてないよ』と言ってごらん。

それが本当にカッコいい男だから」

と言っていました。

 

ガクトさんがいかに”努力”を大事にしているかわかるエピソードです。

カッコいい大人とはこういう人を言うんでしょうね。





<Sponsored Link>


ガクトの年収は億超え!なぜそんなにお金持ちなのか

長者番付が発表されていた頃のガクトさんの年収は既に1億円を超えていました。

 

今ではその頃よりも多くの金額を稼いでいるでしょうが、

なぜ、そんなにお金があるのでしょう。

 

ガクトさんが発表した楽曲はスマッシュヒットこそ少ないものの

「オリコンシングルランキング」で日本首位の記録を保持しています。

 

これはガクト教と呼ばれる熱狂的なファンの後押しもあるでしょうが、

日本のソロアーティストでトップレベルであることは間違いありません。

 

ガクトさんのファンクラブは高い金額を払うほど、ライブでいい席が取れるそうです。

熱狂的ファンが多ければ、それだけ多くの利益を生むので、収益性も高いはずです。

 

それにアーティスト活動以外にも、

俳優や声優、写真集にタレント活動もしているので収入源は複数あります。

 

 

ただ、何億という利益を出しても、半分は税金で持って行かれるので

ガクトさんのセレブ生活には、疑問の声がわきます。

 

一部では”男版 叶姉妹”なんて言われてもいますが、実際はどうなんでしょう。

 

ガクトさんはメディアで

「僕はこれまで何十年もアーティスト活動や他の事業を積み上げてきた。

それがどんな風に収益を生んでいるのか逐一公表しないといけないのか?」

と怒りの声をあげたこともありました。

 

私見ですが、ガクトさんの年収は億超えではあるものの、

とんでもない金額を稼いでいるわけでもないと思います。

 

ガクトさんのセレブキャラにはイメージ戦略も入っているでしょうが、

それはそれでアリだと思います。

夢を売るのもアーティストの仕事ですし。

 

問題なのは、ガクトさんが脱税疑惑や義援金詐欺、ホステスへの暴行など

あらぬ噂で批判の的にされていることです。

 

ガクトさんは

「出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない」

と言っていますが、今のところ打たれています。

 

ガクトさんはストレートに物を言うので反感を買うこともあるでしょう。

「世間の目が気になってしまう」

と、女の子のファンから相談された時、

「”世間”って何?君の周りにいる数人を指して世間って言っているのなら、

そんなので自分を縛っちゃダメだよ」

と応えていました。

 

世間に気遣って丸くなったガクトさんなんて見たくないですし、

批判に負けず自分のポリシーを貫いてほしいですね。

 

2015/7/1追記

ガクトさんがボクシング・世界ウェルター級の

マニー・パッキャオvs.フロイド・メイウェザー戦に招待されたことを

ブログで明かし話題になっています。

 

ガクトさんは「招待された」と言っていますが、ネットでは

自腹でチケットを購入したのではないか、と言われています。

 

ガクトさんが招待されたというリングサイド席は

オークションで4000万円以上の値段がつく超VIP席で、

世界的なセレブでも中々、招待されないそうです。

 

そんな席に招待されるには、世界的に有名なアーティストである必要がありますが、

ガクトさんは世界的に有名とは言えないので、このような疑惑が浮上しています。

 

この超プレミア席に招待されたのが嘘だとしたら、

ガクトさんは自腹で4000万円以上もする席を購入したことになります。

まあ、それはそれで凄いですよね。

 

「4000万円の席を購入した」と言うよりも

「世界的VIPしか招待されない席に招待された」

と言った方がセレブっぷりが上がるから、こんな事を言ったのでしょうか。

 

ガクトさんのセレブっぷりは凄いものがありますが、

情報の発信源が全てガクトさん自身なので、疑いの目を向けられることもあります。

 

5000万円はするランボルギーニ・アヴェンタドールを購入したりしているので

これだけのセレブ生活をするには、年収1億や2億では足りないでしょう。

 

ガクトさんは作詞・作曲だけでなく、イベントやライブの開催、

ファンクラブやオリジナルグッズの運営・販売などを自社で行っているので、

経営がうまくいけば数億円の収入が得られる可能性はあります。

ただ、経営難で借金を抱えているという噂もあります。

 

まあ、火のないところに煙は立たないといいますし、

多少なりともセレブキャラを演出している面はあるかもしれませんね。

 

噂では大富豪のパトロンがいるとか、

「芸能人 格付けチェック」で連勝しているのはヤラセではないか、

などと言われています。

 

個人事務所は経営が火の車なので、ガクトさん自身の貯金を使い、

セレブキャラを演出してイメージ回復を図っているという見方もあります。

 

2015年6月には、ドバイの皇太子に招待され、皇太子に

「ガクトは親友だから、なんでもやりたいことを言ってくれ」

と言われたとブログに綴っています。

 

なぜ、どういう経緯で招待されたのか、なぜ仲が良いのかなどには触れられていないので、

本当かどうか疑う声が出てきています。

 

浮世離れしたカリスマ性がガクトさんの魅力ですが、

ボクシングの超VIP席に招待される、ドバイの皇太子に招待される

などは浮世離れし過ぎている感じがします。

 

収入源や、VIPとの関係などを詳細に明かす必要はありませんが、世間のイメージと

ガクトさんのキャラが解離しているので、批判が起きるのかもしれません。

 

2017/2/17追記

「スッキリ!!」に出演したガクトさんが新しい自分ルールを明かしていました。

ガクトさんには、「1日3時間半しか寝ない」、「炭水化物は年に1回しか食べない」などの自分ルールがありましたが、今回の自分ルールも驚きのものでした。

 

それが

「街を歩いていて綺麗な女性を見かけたら必ず声をかける」

というものです。

 

男が女性にアプローチするのは義務だとして、口説くかどうか別としても必ず

「綺麗だね」

と声をかけるそうです。

 

日本でこれをやると

「えっ!?ガクト!?」

と驚かれますが、海外では

「サンキュー」

と言われるそうです。

 

ガクトさんは以前から、男が女性に積極的にアタックしないといけないと言っていましたが、その究極の形がこの自分ルールなのでしょう。

 

世の男性がみんなガクトさんのようになれば、女性は女磨きをもっと頑張るし、非婚化や少子化も解決するでしょう。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>【知らなきゃ損】車をできるだけ高く売る方法

>>返済が追いつかないくらいの借金を抱えたらやるべきこと

>>ダイエットをするならまず体内の酵素を増やさないといけない理由

>>【永久脱毛ができるのは美容クリニックだけ】脱毛サロンは一時的効果って本当?

“ガクトの年収が凄い!なぜお金持ちなの?” への1件のフィードバック

  1. より:

    女性暴行は不起訴処分になってます。

コメントを残す

サブコンテンツ