嫌婚男子が急増!結婚しない方がいいのか

“嫌婚派”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

その名の通り、結婚を嫌がっている人のことですが、昨今、嫌婚男子が急増しています。

少子化が進む現代の日本ではけっこう深刻な問題ですよね。

 

20代男性の7割は彼女がいないというデータもあり、

若者の恋愛離れ、結婚離れが進んでいます。

 

今回は、なぜ嫌婚男子が増えているのかや、結婚を嫌がる理由について調べました。

嫌婚男子

 

結婚は人生の墓場なのか

フランスの作家、アルマン・サラクルーは結婚について

「人間は判断力の欠如によって結婚し、

忍耐力の欠如によって離婚し、

記憶力の欠如によって再婚する。」

という名言を残しています。

 

この人の名言通りであれば、現代の嫌婚男子は正しい判断力を持っているということになりますね。

 

ドイツの哲学者、ショーペンハウアーは

「結婚とは彼の権利を半分にして、義務を2倍にすることである」

という言葉を残しています。

 

「彼」と言っていることから、結婚は男性にとって不都合なものということでしょう。

結婚すれば奥さんに合わせないといけないこともあるので、確かに権利は半分になります。

男女平等とか言っても、実際は男性に不利な仕組みや価値観も多いですからね。

 

元メジャーリーガーのトレイ・アームは

「結婚とは、唯一人の女性のために他のすべてを諦めることだ」

と言っています。

 

「他のすべて」とはちょっと言い過ぎな気もしますが、

結婚すると多くのことを我慢しないといけないのは事実です。

 

昔から結婚に否定的な意見は多くありました。

昔は結婚するのが当たり前という価値観がありましたが、現代では多様な価値観が認められてきているので、

結婚に否定的な人も増えたのかもしれません。

 

では、現代のネットでは結婚についてどんな意見があるのでしょうか。

 

「日本人は皆がやってることは自分もやる。昔は皆が結婚してたからしてただけ」

 

「結婚はコスパが悪い。妻は年々老いていくのに縛られ続けるのは割に合わない」

 

「イマイチな嫁さんをもらって負け組になるくらいなら、独身で勝負なしの方がマシ」

 

などの意見がありました。

 

ニュースでは「賃金が上昇すれば結婚する人も増える」というような風潮がありますが、

お金があっても結婚したくないという人も多くいます。

 

既婚男性の約6割は結婚したことに後悔しているというデータもあります。

 

後悔している理由で一番多いのが、

女性は自分に都合のいい意見ばかり押し通してくるというものです。

 

結婚するまでは猫を被っていて、結婚すると徐々に本性が見えてくる嫁さんもいるので注意が必要です。

 

結婚したくない男性が増えたのは、結婚しなくててもいい社会になったからなのかもしれません。





<Sponsored Link>


結婚に当たりはあるのか

バーナード・ショーの言葉は

「宝くじには当たりがあるが、結婚に当たりはない」

という言葉を残しています。

 

私は現在25歳の独身男性ですが、周囲の既婚者を見てみると8割くらいが、

仮面夫婦か不倫しているか、離婚しているかです。

 

離婚している夫婦もたくさんいて、旦那さんは離婚して財産の半分や親権も取られているので可哀想です。

双方に責任があって離婚しても、負担は男性の方が大きいというのはちょっと謎ですね。

 

しかし、うまくいっている夫婦がいないわけではありません。

極少数ですが、仲よく温かい家庭を築いている夫婦もいます。

 

うまくいっている夫婦の奥さんに共通しているのが

「旦那を信頼し尊敬している」

ということです。

 

その奥さんたちも、文句や小言を言うことはありますが

なんだかんだ言っても旦那さんのことを尊敬していて、男性を立てているところがあります。

 

また、自分のことの優先順位が低いという共通点もあります。家庭のことや子供のことが優先で、

自分のことを後回しにできる女性がいい奥さんになっている気がします。

 

これから結婚を考えている男性は、その女性が

「旦那を立ててくれるか、自分のことを優先し過ぎる人ではないか」

などをチェックしてみてください。

 

女性の中には、結婚するまでは理想の女性なのに、結婚すると化けの皮が剥がれる人もいるので、

相手の本当の性格を知ろうとする努力も大切です。

 

男性にとって結婚は大変なことも多いですが、老後に一人だとかなり寂しいと思います。

結婚を頭ごなしに否定するのではなく、様々な可能性を探っていきたいですね。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)

“嫌婚男子が急増!結婚しない方がいいのか” への7件のフィードバック

  1. えー。 より:

    独身で結婚不適合者のバカな男が書いたって一目で分かる文章だな。
    結婚してもらえないからって結婚について悪く言うのはヤメロ。

    • 通りがかりさん より:

      独身で結婚不適合者のバカな女が書いたって一目で分かる文章だな。
      結婚できないからって独身貴族様を悪く言うのはヤメロ。(‘・c_,・` )プッ バカジャネーノw

  2. yamad より:

    素晴らしい記事ですね

    当たりの女性って少ないですよね。

    女性選びの参考にさせていただきます。

  3. この世に救いなんかない 結婚なんかするんじゃなかった より:

    旦那を立ててくれるか、自分のことを優先し過ぎる人ではないか・・・結婚前はとてもできた女でこれにあてはまっている理想の女性だったですけど結婚し妊娠してから態度は180度かわり、なにかあれば口で罵られ精神的DVの毎日。出産してすぐに実家に帰り、養育費を請求してお金をたかられ続けています。なぜかこっちにDVされたといわれ子どもにあわせてもくれません。女なんか死んだらいいのにって思います。結婚制度は男性には理不尽です。助けてくださいといっても日本の裁判所なども全部女の味方です。この世は地獄です。女を怨みながら自殺しようと思います。年収が1000万以上あったから金目当ての結婚だったと思います。日本の法律はすべて女の味方で男の人権なんかありません。くれぐれも男性の皆さんは気をつけてください。結婚なんかしないほうがいいですよ、絶対に。

  4. 恋愛ニート より:

    わがまま・金食い虫で癒してくれない、不満を言えばポイ捨てされる。
    結婚前だったから救われたが、バツイチ男はご愁傷様です・・・
    稼ぎがあれば、養育費(収入差)・財産分与(結婚後のみ)でガッツリ取られます。
    ※だから高収入がモテる、別れて得しない金持ちフリーター(相続等)は避けられる。

    もっと悲惨なのが、親権取られて子供に会えない事です。
    このようなケースが多いのは、なぜか可愛い時期ですね。
    可愛げが無くなり・お金のかかる時期だと、置いて出る・家庭内別居を選びます。
    ※しかも非行・引きこもりの原因が、母親の育て方にあったりします・・・
    イクメン全盛期なので、昔の男よりショックが大きい!

  5. やっこ より:

    男にとって結婚は百害あって一利なし!ですからね…

    賢い男性は「しない」でしょう。

    会社でも家でも奴隷のように扱われたいドMには良いと思います。

  6. 36 より:

    確かに男にとって結婚は百害あって一利なしだね。

    男は家庭を持って一人前?
    そんなのは昔の人間が金儲けの為に庶民に植えつけた観念。

    それに気づいてる男は賢いよ。

    大半の男はその刷り込みにも気づかず女のATMとして生きることをカッコイイと勘違いして苦労してるからね…実に哀れ。

yamad にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ