マイナンバー制度で生活はこう変わる!真の目的とは

2015年の10月からついにマイナンバー制度が導入されますね。

 

かつては、「国民総背番号制」という名称で

「人間に番号を付けるなんて人権侵害だ!」

という批判が起きていましが、結局、導入されることになりました。

 

私の職場でもマイナンバー制度への対応が始まり、話題になることも多いですが皆、

「マイナンバーって結局なに?どう変わるの?」

という意見が多いです。

 

ニュースや新聞でも話題になりますが、制度の中身がややこしくって、

イマイチよくわからないんですよね。

 

そこで今回は、マイナンバー制度とは何なのか、

どんな効果があるのかについてわかりやすくまとめました。

 

 

マイナンバー制度が始まるとこう変わる!

2015年10月からすべての日本国民に12桁の番号が割り当てられます。

以前から言われていたことですが、番号を決められるって

気分の良いものではないですね(^_^;)

 

マイナンバーの通知が来て、役所に申請すると

「個人番号カード」というものを受け取ることができます。

マイナンバー

 

平成28年以降、年金、保険、税金に関する手続きを行う時は、

この個人カード番号が必要です。

 

このマイナンバー制度の導入によって、国民の暮らしはどう変わるのか、

ということですが、公式の情報によればメリットは以下の3つです。

 

①行政の効率化

②国民の利便性向上

③公平な社会の実現

 

①と②はわかります。

国民を番号によって識別することで、手続きが簡単になるので、

役所の人も手続きをスムーズに行えます。

 

私たちが役所に何かを申請する時は、書類がたくさん必要ですが、

マイナンバーがあれば必要な書類も少なくなるそうです。

 

気になるのは③です。

 

マイナンバーによって国民の所得を正確に把握できるようになるので、

これまで税金をちょろまかしたり、不正に給付金を受け取っていた人は、

それができなくなります。

所得税や相続税もキッチリ把握されるので、しっかりと税金を払わないといけません。

 

年金や生活保護の不正受給が見つけやすくなるのは良いことですが、

調べてみるとマイナンバーの真の狙いは他にありそうです。





<Sponsored Link>


マイナンバーの真の目的は税収アップ?

2015年の段階でマイナンバーが適用されるのは、年金や保険、税金ですが、

2020年以降はさらに幅広くマイナンバーが適用される予定です。

 

その一つが通帳です。

通帳を作る時にマイナンバーが必要になるので、

政府は誰がどのくらいの貯金を持っているのか把握できるようになります。

 

するとどうなるのか、いうと貯金に対して課税するのかもしれません。

現在は所得に応じて税率が決まっています。

たくさん稼いでいる人は、たくさん税金を払わないといけないということですね。

 

それが将来は、たくさん貯金を持っている人は、

たくさん税金を支払うことになるかもしれません。

 

例えば現在では、1億円の貯金があっても年収が200万円ならば、

払う税金は少しですみます。

しかし、将来は収入だけでなく、貯金に対しても課税されるということです。

 

私見ですが、マイナンバー制度の本当の目的は

税収をアップさせることだと思います。

役所の手続きが簡単ななるとかは建て前でしょう。

 

現在の日本は借金がたくさんあり、

毎年、支出が収入を上回って借金が増え続けている状態です。

 

この状況の打開策として、少しでも多く税金を取るために、

マイナンバーを付けるのでは、ないでしょうか。

 

マイナンバーには脱税や不正受給を減らすという大きなメリットがありますが、

国民が支払う税の負担も広がっていく可能性があります。

 

長引く不況で国民の生活は苦しいものがありますが、

さらに税金の負担が大きくなるのは辛いですね。

 

結論、マイナンバーの導入によって変わることは

①役所の手続きが簡単になる

②税金や生活保護の不正はできなくなる

③将来的に税金の負担が大きくなっていく(かも)

です。

 

やっぱり国が行う制度って複雑でわかりにくいですが、

文句を言っても仕方ないので、そのルールで生活するしかないですね。





<Sponsored Link>



おすすめ特集シリーズ('ω')


>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)

“マイナンバー制度で生活はこう変わる!真の目的とは” への1件のフィードバック

  1. グットマン より:

    さて、日本は何処にたいして借金をしていれのでしょうか。国債の購入者に対してですよね。それは、国民に対しての政府の借金ではありませんか?
    無い袖は振れませんが、海外には援助する。国民には借金があると言い張る。
    麻生さんは過去に政府は国民に借金をしているのは悪くないと発言しています。
    マイナンバー及び過去の住民基本Card等は高額の予算を組めるため、利権の争いの上で成り立っていると思いますよ。
    データの管理運営は難しく、また絵に書いた餅になるのは見え見えです。
    マイナンバーには何も期待していませんね。それこそ無駄づかいだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ