明石家さんまはいい人なのか?嫌い派の意見は?

芸能界の頂点に君臨している「お笑い怪獣」こと明石家さんまさん。

明石家さんま

 

島田紳助さんと仲がよく、島田さんが引退する直前、明石家さんは

「今の芸能界でトップにいるのはお前や」

と言ったことがあります。

 

この言葉のおかげで、島田紳助さんは名残惜しむことなく、

芸能界を去ることができたそうですよ。

昔から島田紳助さんにはアンチが多いのに、

明石家さんが嫌いという人はあまりいませんでしたね。

 

今回は、明石家さんまさんがいい人と言われる所以や、

嫌いという人の意見についてまとめました。

 

 

明石家さんまのプロフィールと噂

本名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)

生年月日:1955年7月1日

出身地:奈良県奈良市

 

さんまさんの

「人生、生きているだけで丸儲け」

という名言は有名ですが、この言葉はさんまさんの壮絶な経験からきています。

 

さんまさんは3歳の頃にお母さんを亡くし、

数年後にお父さんが再婚して二人目のお母さんができました。

 

そのお母さんは連れ子であった自分の子供は可愛がっていたものの、

さんまさんや、さんまさんの弟のことは煙たがっていました。

 

さんまさんはそんな境遇にありながらも、

腹違いの弟のことは可愛がっていました。

 

さんまさんは芸能界では多くの後輩に慕われていますが、昔から面倒見がよく、

誰にでも無償で優しく接することのできる性格だったようです。

 

明石家さんまさんは、高校生の頃に2代目笑福亭松之助の弟子になりました。

 

松之助さんに入門の理由を聞かれたさんまさんは

「あなたのセンスがよろしいから」

と応えました。

松之助さんはこの失礼な発言に対して怒らずに

「そら、おおきに」

と笑顔で応え、さんまさんの入門を認めました。

 

しかし高校生の頃、家が火事になり実の弟までをも亡くしてしまいました。

母親に続き、弟まで亡くしたさんまさんは、もう笑いがとれないという程に

落ち込みましたが、同期のオール巨人が舞台で

「お前、家と一緒に兄弟も燃やしたらしいな!?」

と発言しました。

 

普通では考えられない発言ですが、舞台の上でのことだったので、

「そや!材木が足りんかったから代わりに燃やしてやったわ!」

と返して大きな笑いを取りました。

 

オール巨人の発言は、さんまさんが火事のことを吹っ切れるように意図したもので、

さんまさんもそれを瞬時に理解したので、さんまさんはオール巨人に

大きな恩を感じているそうです。

 

1980年代から司会業で活躍するようになったさんまさんは、

NHKが行っていた「好きなタレント調査」で、

19回中12回が1位。7回が2位という驚異の好感度を取得し、

「日本で最も露出の多いタレント」としてギネスブックにも載っています。





<Sponsored Link>


明石家さんまはいい人なの?

さんまさんがいい人というのは多くのタレントが証言しています。

千原ジュニアさんが、バイク事故から復帰し、仕事がなくなっていた時期

千原ジュニア

 

さんまさんが千原さんに

「退院祝いは何がいい?」

と尋ねると、千原さんは冗談で

「レギュラーっすねw」

と応えました。

 

すると後日、千原さんがTBS番組のレギュラーに抜擢!

これはさんまさんが裏で動いてくれた結果だったので、

千原さんは、さんまさんに今でも頭が上がらないそうです。

 

土田晃之さんに子供が生まれた時、土田さんが冗談で

土田
「ご祝儀くださいよ~」

と言うと、さんまさんはポケットに入っていた一万円札を数十枚、

土田さんにあげたことがあります。

なんとも太っ腹の先輩ですね。

 

岡村隆史さんが病気で休業していた時も、

岡村さんの体調を気にかけ、頻繁に連絡を取っていました。

岡村隆史

 

岡村さんの復帰1発目は「ホンマでっか!?」でしたが、

それもさんまさんが復帰の場を整えてくれたそうです。

 

岡村さんは休業した理由が精神的な病だったので、

どう復帰すればいいかが難しいところでしたが、ホンマでっか!?で

病気のことをネタにして復帰することで、スムーズに復帰することができました。

 

大竹しのぶさんと結婚していた頃は、大竹さんの連れ子にも、

実子であるイマルさんと同じような愛情を注いでいました。

 

自分の幼少期は二人目の母親に冷たくされたにも関わらず、

血が繋がっていない子に対しても平等に愛することができるさんまさんは、

愛情豊かな人ですね。

 

一般人に対しても、さんまさんの評判はよく、

街中で見かけて声をかけると、いつでも明るく対応してくれるそうです。

 

色紙とペンを持っていけばいつでもサインをしてくれるし、

写真にも快く応じてくれます。

 

芸能人にはテレビでは愛想よく振舞っていても、プライベートでは超冷たい人がいるので、

スターになってもファンへの神対応を欠かさないさんまさんは流石ですね。

 

お笑いやトークのセンスもさることながら、

愛情豊かな人間味がさんまさんがいい人と言われる理由ではないでしょうか。

 

 

明石家さんまが嫌いという人の意見は?

好感度が非常に高いさんまさんですが、中には嫌いという人もいます。

 

Yahoo知恵袋では

「『さんま御殿』で山口百恵に冷たくされたエピソードを

話しているのを聞いて嫌いになった」

という意見がありました。

 

1970年代はさんまさんは新人で、山口百恵さんはスーパーアイドルでした。

知恵袋で回答していた人は

「自分の冠番組で昔のアイドルの悪口を言うなんて男の風上にもおけない」

と書き込みしていました。

 

2013年の「嫌いな芸能人ランキング」では明石家さんまさんは2位に入っていました。

 

1位 みのもんた 175人
2位 明石家さんま 37人
3位 小倉智昭 21人
4位 和田アキ子 20人
5位 タモリ 19人

 

という結果です。

 

知名度が高い人ばかりが選ばれていますが、さんまさんを嫌いな理由として

「司会者なのに目立ち過ぎている」

「なんでも自分のワンマンショーにしてる」

「自分の好きな芸能人が、さんまにイジられてるのを見ると腹立つ」

などの声がありました。

 

以前、長淵剛さんがさんまさんの番組に出演した時、

さんまさんがイジりすぎて、長淵さんが怒ったことがありました。

 

現場は終始ピリピリしていて盛り上がらなかったので、さんまさんは

「長淵はもうええやろ」

と言って共演NGになったそうです。

 

さんまさんが嫌いという人は、芸風が好きじゃないという人が多い感じです。

 

スキャンダルさえネタにできるのが芸人の強みですから、

さんまさんは引退するまで芸能界のトップに居続けることでしょう。

 

おすすめ記事

>>10年乗ったワゴンRを売ったところ・・・買取金額に驚愕(゚ロ゚)





<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ