交通事故を起こしやすい人と起こさない方法

2014年は約57万件の交通事故が起きました。

その内、亡くなった方は約4000人、重傷者は約4万人です。

交通事故の件数は毎年減少していますが、

毎年多くの事故が起きていることは事実です。

 

自分の車を傷つけるだけの事故ならまだしも、

大きな事故は自分や相手の人生を180度変えることがあります。

 

今回は、交通事故を起こしやすい性格や、

起こさない方法について調べました。

交通事故

 

交通事故を起こしやすい人の性格

交通事故を起こしやすい人は以下のような性格の傾向があります。

・せっかち、イライラしやすい

・自己中心的、自分の思った通りに周りが動くと思っている

・緊張しやすい

・いい加減で、几帳面でない

・スピードを出すことがカッコいいと思っている

 

逆に考えると交通事故を起こしにくい人は、

のんびりしていて、協調性があり些細なことに気が付く人

ということになります。

 

しかし運転はその時の気分や感情によっても左右されます。

 

特に、焦りやすい性格の人は注意が必要です。

 

普段は安全運転している人でも、急な用事で急がないといけない場合は、

普段はしないようなミスをしたり、交通ルールを破ったりしてしまいます。

 

急いでいる時は一旦落ち着いてから運転するようにしましょう。

急いでいる場面で事故を起こしてしまえば、膨大な時間をロスすることになります。

 

また、交通事故の3割以上は追突事故です。

どうして前の車や人に追突してしまうのかと言えば、

わき見運転をしていたり、ボーっとしているからです。

 

「前の車は急に左折したりするはずない」

「この道路で人が飛び出してくるはずない」

といった勝手な思い込みも危険です。

 

次に多い事故のパータンは出会い頭の事故です。

この事故の原因は相手の車や、人の交差点侵入を見落としていたり

「出てくる車はないはず」

「相手が止まるはず」

と思いこむことです。

交通事故を起こさない方法

上記で紹介したように、大半の事故は

不注意や思い込みによって起きます。

適正な速度でルールを守り、安全確認を怠らなければ、

事故を起こすことはほぼありません。

 

また、自分の運転技術を過信することも大変危険です。

 

いつもは上手に車を操れているとしても、車の動きは

運転者の体調や精神状態、車両の整備状況、路面の状況、同乗者の存在

などによって変わってきます。

 

自分の運転の上手さを見せたいがためにスピードを出した結果、

大きな事故になったケースは多くあります。

 

運転が上手いとは速い速度で車を動かせることではなく、

余裕をもったスマートな運転ができることです。

ハンドル捌きが上手くても、配慮のない運転をする人は

運転が上手いとは言えないでしょう。

 

そして、交通事故を起こさないためには、

ヒヤリハットに気が付くことが大切です。

 

一般的に交通事故を起こす前には、

数十回のヒヤッとする場面に遭遇すると言われています。

 

あと少しで事故になりそうだったという経験を数十回した後に、

本当に事故を起こしてしまうのです。

 

つまり、ヒヤッとする場面に遭遇した時に

最近の自分の運転は危ないということに気が付き改善すれば、

未然に事故を防ぐことができます。

 

車の運転は慣れると惰性で行ってしまいますが、

交通事故は自分や他人の人生を一気に不幸にします。

 

車を運転している時は、

自分は今、とても危険なものを操作している

という意識が大切です。

安全確認を怠らず、適正な速度で運転して事故を起こさないようにしましょう。

3 Responses to “交通事故を起こしやすい人と起こさない方法”

  1. 構成要件、違法性、責任と緊急避難 より:

    運転手がいる人も多いでしょう。緊急避難は、構成要件、違法性、責任の責任がないので無罪です。避難可能性がない場合も無罪。

  2. 天川貴之の親友,亀井静香警察官僚出身政治家とともに より:

    例えば、アルツハイマーの老女が、自分から、急に車の前に、飛び出してきた場合、事故の起こる、予見可能性がなかった場合、事故現場、の照明などの、行政上の過失も含めて、この場合も、構成要件、違法性、責任にかんがみて、本来無罪の可能性が高い。正しいプロセスが刑事訴訟法の基本なので、警察権力も行政法にのっとって、機能している行政権力なので、行政法の検証も必要。以前、警察権力と医者の行政権力の措置入院で、弁護士が明らかな違法行為だといっていたことを耳にした。入院先の東加古川病院では、看護師による暴行行為が何度も行われていたという。これは、看護師の暴行罪で訴えられる事案である。明らかな、違法行為なのである。違法といったときに、どんな強制権力も止まる。権力の胡坐をかいて、偉そうに、高圧的な人もいる。本当は、権力でを持った人ほど、謙虚でを地元住民と素顔の交流をしてほしい、けれど、どんな権力も、正しい法の前では、ぴたっと止まる。弁護士奥村一彦京都、顧問

  3. 貴之 より:

    日本国を法治国家でない、という人はいないであろう。韓国の大統領が反省したけれど、とか言っているけれど、感情論になっては、それだけ、精神年齢が幼い民度ともいえるのである。法治国家ならば、法律と理性の力で解決してゆけばいいだけなのである。

コメントを残す

サブコンテンツ